この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

精密機械技術者になるためにはどんな資格が必要か

精密機械技術者になるために

精密機械技術者とは、様々な精密機械を設計・研究・開発していく技術者達のことを呼びます。
どのようなことを、研究・開発していくかによって職種は違います。
実際、精密機械技術者になるにあたって、必要な免許や国家資格はありません。
また、目指す職業によって、最終学歴が大学卒業か高校卒業かなど違いはあります。
精密機械技術者の職業の幅を広げたい場合は大学で、電気・電子・機械・光学などの専門知識を学ぶといいでしょう。
自分の希望とする職業に就職すること以外に、技術認定試験もその分野にはあります。
また、この分野に関連した国家資格もあります。
国家資格は、必ず必要な資格ではないですが、技術検定制度の一種である技術検査技能士という資格がありますので自分のスキルアップの為に取得してもいいでしょう。

精密機械技術者に必要なもの

一言で、精密機械技術者と言っても様々な方面の職種があるので勉強も目指す方向を決めてしたほうがいいでしょう。
機械設計者、エンジニア、CAD技術者などそれぞれ分野はバラバラですが精密機械技術者と言われる方が働いています。
なのでそれぞれの分野で、それぞれの知識や技術が必要をされるのです。

このように、それぞれの知識は必要ですが、精密機械技術者にむいている性格は、几帳面で整理整頓が得意な方がいいと言われます。
とはいえ、精密機械技術者は個人での仕事は少なくチームでする仕事が多いです。
このようなことから、他人とのコミュニュケーション能力や協調性も大切になります。
プラスして言えば、リーダーシップの能力も重要とされます。