精密機械技術者になるための資格

精密機械技術者になるためにはどんな資格が必要か

精密機械技術者になるためにはどんな資格が必要か

精密機械技術者と言っても、そのような職業はありません。 では、精密機械技術者を必要とする職業とはいったいどのような職業なのか、その職業に就くためにはどうしたらいいのか、なにを目指したらいいのかまとめてみましょう。 そして、知識以外に必要なことはあるのかも考えてみましょう。

大学にすすむ

精密機械技術者を目指して大学に進学する場合はどのような大学がいいでしょう。 基本、大学では工学部と理工学部の2つがありますが、もっと細かく学科が分かれている大学もあります。 精密機械技術者を目指すには、どの学部からどのようなことを学ぶのかも理解した上で大学も選ぶ必要があります。

精密機械技術者になる為に

精密機械技術者とは、どんな知識をもって行う仕事なのか簡単に説明します。
精密機械技術者は、電子技術・光工学の知識を持たなければいけません。
そして、いろいろな精密機械を設計・開発・研究・発明をしていくという仕事になります。
昔は、複雑な機械装置というとオルゴールなどでしたが、現代は違います。
生活の中で、精密機械は欠かすことができない機械で、電子工学技術による装置と組み合わせた電子機器なども精密機械の1つになります。
複雑で細かい機械装置と電子工学的な機械装置をあわせることで発展してきた技術をメカニック、学問分野のことをエレクトロニクスと言います。
そして2つ合わせた言葉でメカトロニクスと言われています。
現代の生活でなじみのある、デジタルカメラやスマートフォンから、専門的な機械では顕微鏡や測定器などの研究者が発見をするのに欠かせない機器など精密機械は様々です。
医療現場で使われている極小カメラや、航空機内の測定器なども精密機械です。
このような実用的な機械ではなくても、犬型や人型などのロボットの設計開発も含まれます。
ロボットも、工場などで活躍する産業用のロボットや、災害時に活躍するレスキューロボットなどと種類はたくさんあります。
精密機械技術者になるための学歴は、その企業の採用条件によります。
特別な国家資格が必要なわけではありませんが、一般的には大卒以上と言われています。
必要な資格は、精密機械技術者という職種でもかなり広範囲にわたるので、目指す業界の技能系の資格が必要なときもあれば、特に必要がない場合もあります。

精密機械技術者を目指したあと

精密機械技術者を目指して、大学に進学し学問を頑張ったあと、就職先がどのようになるのかも気になります。 精密機械技術者と呼ばれる仕事がない為、実際、自分の得た知識を活かして精密機械技術者として働くためには、どのような仕事に就くことができるのか具体的にあげてみたいと思います。